資格取得はゴールではない

介護関係の仕事に就くには、ホームヘルパーや介護福祉士などの資格取得が必須と言えます。介護施設で働く場合には資格がいらない場合もありますが、大抵は皆さん何かしらの資格を取得しています。その中で一番ポピュラーな資格は、恐らく介護福祉士でしょう。これは国家資格としても有名で、福祉系の高校・専門・大学を卒業していれば受験資格を得られます。合格率も7割程なので、決して狭き門ではないです。では介護福祉士になるには福祉系の学校を卒業しなければいけないのかというと、実は別の方法もあります。実務者研修というものを修了し実務経験を3年以上積むと、同様の受験資格が得られるのです。どちらがいいのかはわかりませんが、実務経験を経て介護福祉士になった方が重宝される傾向にあるらしいです。

というのも、学校を卒業してすぐに介護福祉士になった人と3年以上の実務経験を経て介護福祉士になった人では、仕事力の差が歴然としているそうです。もちろん学校でも実地研修はあるようですが、やはり3年の実務経験の方が経験値は勝るということです。

同じ資格でも、取ろうとする過程の違いが後々に大きく影響を及ぼすいい例だと思います。資格はとることがゴールではなく、それをどう活かしていくか、そこがスタートなのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>