行政書士の試験は難しい部類

行政書士の場合はマークシートだけはなく記述式もあることから、難易度が上がります。その記述式というのは、400字詰めの原稿用紙にシャーペンで書く試験になっていることから、間違えたら消しゴムで消すことはできます。ところが社会問題に対して、制限時間内に400字詰め原稿用紙に意見を述べるには、考えあぐねている時間が少なく、消しゴムで消している時間があまりありません。それが難しい部分でしょう。
すらすらと起承転結で意見を述べることができるように訓練しておく必要があります。そして社会問題に対して常日頃から関心をもって意見を考えておくことが大切です。そのため、この試験については難しいです。
今年は申し込み締め切りになっていることから、受験するのであれば来年11月になります。合格発表はさ来年の1月で、勉強期間は1年ぐらいあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>